SonneMondSterne – Electronic Music Festival

今年の最初で最後の野外フェス SonneMondSterne 2006に行ってきた。
言うなれば、フジロックのテクノ版みたいな物で、メンツも豪華、いや豪華すぎる。
とりあえず、見てきた物を羅列すると、Oliver Koletzki,Jennifer Cardini,Dominik Euilberg& Gabriel Ananda,Tiga,Basement Jaxx,Marek Hemmann,Anja Schneider,Koze,James Holden,Richie Hawtin,Wighnomy Brothers,Ellen Allien & Apparat,Der Dritte Raum,Johannes Heil,Kraftwerk,Jake Fairley,Jeremy P. Caulfield,Metope & Ada
こんな感じ。

で、当日はベルリンからシャトルバスで出発!
会場近くではポリスコントロールも行っていて、バスだったので、何もなく通過したけど、
見た感じかなり激しくチェックされている人とかいて、けっこうビックリ、やる時はやるみたい。
そんな光景を眺めつつ2年ぶりにSonneMondSterneの会場に到着。
会場は特に何も変わっていなかったんだけど、今回は明らかに寒い。
日本の秋/冬の格好してもいいくらい寒い。

とりあえずテントを立てて、会場内のフードエリアで夕食を食べながら、
今日見るアーティストのスケジュールを立てる。
見たいのが同じ時間に結構あったりして、意見の統一が結構大変なんだけど、
これがやっぱり楽しい。

1日目はD.Euilberg & G.Ananda、Richie、Wighnomyを見れてかなり満足、
最後にEllen&Apparatを堪能して疲れ果てる。

2日目はKraftwerk、J Fairley、Jeremy P. Caulfield、Metope & Adaを見て、
寝てしまった。
ということで、結構見たかった肝心のSven Vathを見過ごしてしまった。
ちなみに2年前もSven Vathを見逃してしまっているので、またやってしまった。

とまーそんな感じでしたが、
今年最後の野外フェスの感想は
楽しかったけど、忙しかった。
次はクラブでゆっくり聞きたい!

DSC00610.jpg

これSMSのコカコーラのブースで入手。
iTMSから3曲ダウンロードできるみたい。
8月からITMSがコカコーラと提携するって話を聞いていたけど、
こんな所で、出くわすとはラッキー。