Apple Store(Japan)
ついにOSX 10.5 LEOPARDを導入してみました。
ちょっと時間がたっているので、色々と不具合情報を見ているので、期待はせずにアップデート。
そのままアップデートするのは怖いので、まずは外付けHD内に新規インストールする。
が途中でインストールエラー、外付けHDで試しておいて良かった。
エラー内容はEssential.pkgが検証できないというような内容だった。

それをググるとどうやらメモリーが関連しているようなので、とりあえずメモリーチェック。
本体付属DVDからapple hardware testを起動してチェックしてみると、メモリーエラーを発見。
これで今までのまれに起きるクラッシュの原因が分った。まさかこれだったとは、もっと早く気がつけば、、、

ということで、エラーがあるメモリー外して、再度インストール、問題なくインスト成功!
早速起動して、FInderのCover Flowを体験しつつ、普段使うだろうアプリの起動確認をする。
特に使えなくて困るソフトも無く、アップデートをしない理由が見つからないので
内蔵HDのTigerも躊躇すること無くアップデート!

アップデートして良かったことといったら、finderで使えるqucik lookっていう機能。
これはアプリを立ち上げること無く、中身の確認ができるという機能なんだけど
これがかなり素晴らしい。
いままで、FInderってファイル操作等の基本操作ソフトっていうイメージだったから、
なんかleopardのFInderは1つのアプリケーションになった感じ。

あと気になる所と行ったら、まだ試してないけど、BluetoothにA2DPを搭載しているので、
SonyのHWS-BTA2Wを使用した、ワイヤレスオーディオ環境とiChatを使ったデスクトップ共有かな。

ということで、いろいろ言われてるけど、Leopard意外と良んじゃない。